SCCM&Intuneハイブリッド構成機能の廃止について

 

 

本日の記事では、以下日本MSのサポートチームのブログでアナウンスされたSystem Center Configuration Manager と Microsoft Intune ハイブリッド構成機能の廃止についてお伝えいたします。

 

 

■ハイブリッド モバイル デバイス管理から Azure 上の Intune への移行をお願いします

https://blogs.technet.microsoft.com/systemcenterjp/2018/08/16/movetoazureintune/

 

■概要

 

2018814から、ハイブリッドモバイルデバイスの管理は推奨されなくなりました

1年以上前にAzureを開始して以来、Intuneは何百もの新しい顧客要求と市場をリードするサービス機能を追加しました。ハイブリッドモバイルデバイス管理(MDM)を通じて提供されるものよりはるかに多くの機能を提供します。Intune on Azureは、エンタープライズモビリティのニーズに合わせて、より統合され合理化された管理エクスペリエンスを提供します。

結果として、ほとんどの顧客はハイブリッドMDMではなく、Azure on Intuneを選択します。ハイブリッドMDMを使用する顧客の数は、より多くの顧客がクラウドに移行するにつれて減少し続けています。したがって、201991に、MicrosoftはハイブリッドMDMサービスをリタイアする予定です。MDMのニーズに合わせて、AzureのIntuneへの移行を計画してください。

この変更は、オンプレミスのConfiguration ManagerまたはWindows 10デバイスの共同管理には影響しません。ハイブリッドMDMを使用しているかどうかわからない場合は、Configuration Managerコンソールの管理作業領域に移動し、クラウドサービスを展開して、Microsoft Intune Subscriptionsをクリックします。Microsoft Intuneサブスクリプションが設定されている場合、テナントはハイブリッドMDM用に設定されています。

 

 

 

■影響について

 

  • マイクロソフトは、来年のハイブリッドMDMの使用をサポートします。この機能は引き続き大きなバグ修正を受けます。マイクロソフトは、iOS 12への登録など、新しいOSバージョンで既存の機能をサポートします。ただし、ハイブリッドMDMの新機能はありません。

 

  • ハイブリッドMDMの提供が終了する前にAzureIntuneに移行する場合、エンドユーザーに影響はありません。

 

  • ライセンスは変わりません。Intune on Azureライセンスは、ハイブリッドMDMに含まれています。

 

  • マイクロソフトは、2018年11月に開始する新しいハイブリッドMDM顧客のオンボーディングをブロックし始めます。

 

  • 2019年9月1日以降に、ハイブリッドMDMデバイスはポリシー、アプリケーション、またはセキュリティアップデートを受け取らなくなります。

 

 

 

■ハイブリッドMDMとは

 

Configuration Managerのハイブリッドモバイルデバイス管理(MDM)機能を使用して、iOS、Windows、およびAndroidデバイスを管理します。すべての管理タスクは、インターネット経由でMicrosoft Intuneのオンラインサービスとシームレスに統合された他の管理タスクを実行するConfiguration Managerコンソールから処理されます。Configuration Managerを使用して、ユーザーがデバイス上の企業リソースに安全かつ管理された方法でアクセスできるようにします。デバイス管理を使用することで、企業データを保護しながら、ユーザーが企業データにアクセスするための個人または企業所有のデバイスを登録できるようになります。

ハイブリッドMDMは、IntuneとSCCMを一つの管理コンソール(SCCMの管理コンソール)から管理可能という利点がありましたが、私の感覚としては日本ではあまり多くの企業で選択されてこなかったように思えます。

 

 

■FAQ

 

Q:ハイブリッドMDMとは何ですか?

A: Hybrid MDMは、もともとMicrosoft Intuneでモバイルデバイスを管理しながらConfigMgrコンソールの機能を利用するために作成されました。ハイブリッドMDMは、Intuneをポリシー、プロファイル、およびデバイスへのアプリケーションの配信チャネルとして使用し、ConfigMgrオンプレミスインフラストラクチャを使用してコンテンツを管理し、デバイスを管理します。

 

Q:ハイブリッドMDMを使用しているかどうかはどのように分かりますか?

A: ConfigMgrコンソールの管理作業領域に移動し、クラウドサービスを展開して、Microsoft Intuneサブスクリプションをクリックします。Microsoft Intuneサブスクリプションをセットアップしている場合、テナントはハイブリッドMDM用に設定されています。

 

Q:ハイブリッドMDMと共同管理(Co-Management)は同じですか?

A:異なります。主な違いは、Co-Managementの場合ConfigMgrとIntuneのコンソールを同時に使用することができ、同じデバイスに対して異なるワークロードをできます。

 

Q:これは共同管理(Co-Management)に影響を及ぼしますか?

A:影響を及ぼしません。共同管理により、ConfigMgrとIntuneの両方を使用して、Windows 10デバイスを同時に管理することができます。

 

Q:この発表は、MicrosoftのConfigMgrへの関心や投資には関係しますか。

A:いいえ。この変更は、オンプレミスデバイス管理のソリューションとしてのConfigMgrへのMicrosoftの関心または投資には影響しません。

 

 

 

 

 

 

参考文書

■Hybrid MDM with Configuration Manager and Microsoft Intune

https://docs.microsoft.com/en-us/sccm/mdm/understand/hybrid-mobile-device-management

 

■ハイブリッド モバイル デバイス管理から Azure 上の Intune への移行をお願いします

https://blogs.technet.microsoft.com/systemcenterjp/2018/08/16/movetoazureintune/

 

Sekiya Hideyuki

Profile: 都内のSIer勤務のインフラエンジニアです。普段はMicrosoft 365系のお仕事をしています。 ※本WEB SITEに記述している全ての内容は個人の主張であり、所属組織の見解や方針とは一切関係がありません。本サイトと所属組織とは無関係です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください