Microsoft365 Businessの概要

昨年発表されたMicrosoft365ですが、ニュースなどでざっくりとWindows OS + EMS + Office365を組み合わせたスイート製品というイメージはあったのですが、詳しい内容を知らなかったのでこの機会にまとめてみました。

 

今回の記事でご紹介するMicrosoft365のプランは”business”プランです。Enterpriseや、Educationの場合は当てはまらない事も多いので、それらのプランについての詳細は記事下部のリンクから詳しい情報を確認してみてください。

 

まず、Microsoft365 BusinessとMicrosoft365 Enterpriseの違いを表にしたものが以下の図です。

まずはEnterprise

 

 

こちらがBusinessです。

 

 

大きく異なる点は、EMSの機能の部分です。Enterpriseはフル機能を使用できますが、Businessに関しては、EMSの中のほんの一部の機能に限定されています。それでは、Businessプランについて上部の表だけではわからない詳しい部分をご説明します。

 

 

 

Microsoft 365 Businessの概要

 

■この製品の注意点

オンプレミスActive Directory Microsoft365 Businessの共存はサポートされていません。

→つまりMicrosoft 365 Businessを使いたければオンプレミスAD環境を廃止 => AzureADに移行しなさいってことだと思います。 (少し調べた限りだとEnterpriseプランではこのような制限はないようです。)

 

■構成

Windows10 Business(Proをベースに機能強化されたOS)

EMS(実際はEMSの中のほんの一部の機能)+

Office365 (ほぼフル機能だがSkype for businessのみBasicクライアントのみがスイートの対象)

 

 

■月額(定価)

MS365 Business  月額2180円 (ユーザー単位)

 

 

■前提条件

・ライセンス適用となるコンピューターがWindows10 Pro OSを実行中であること。(もしくはWindows10 Proへのアップグレードを行えるOSであり、WIndows 10 Proへのアップグレードを行う事。)

Azure ADによるID管理が可能な環境であること(冒頭でもお伝えしましたが、オンプレミスAD環境をそもそも前提としていないようです。)

・モバイルデバイスを管理する場合、既存のMDMを削除する事(これ、いまいちよくわからない制限ですね・・MAM without MDMの機能は使用できないっぽいです。)

 

 

■MS365 Businessに含まれるEMSで実現可能な機能の一例

Windows Information Protectionのポリシー制御

MAMによるアプリケーション保護  

Officeアプリケーションの自動展開

Officeドキュメントの暗号化 

 

 

■補足事項

・オンプレミスADで実施していたグループポリシーによる管理などを、MS365 Admin Portalから実行していく事になりますが、ポリシー制御の部分が非常に弱いです。Intuneで制御可能なポリシーのほんの一部しかない為、より多くのポリシー制御をしたい場合には製品版Intuneの導入が必要となります。

 

Microsoft 365 Businessに含まれるWindows 10 BusinessOSはライセンス規約上、仮想環境で実行ができません。仮想環境でのOS実行が必要な場合には、Microsoft365 Enterpriseライセンスが必要です。

  

 

Enterpriseプランはそれなりに導入が進みはじめているようですが、BusinessプランはオンプレミスADが未サポートだったりと制限がなかなか厳しいです。これからBusinessプランも導入が進んでいくのでしょうか。動きをウォッチしたいと思います。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください