Power BIを使用したSystemCenterConfigurationManager可視化

今日は、PowerBI を使用して SCCM の可視化を行ってみたいと思います。検証環境は以下のような構成です。

 

WindowsServer2016

SQLServer 2017

PowerBI Desktop

System Center Configuration Manager  current branch 1704

 

最終的に、SCCMのSQLから自動的にデータを取得してPowerBI上で以下のような画面が見れる事を目的にします。

また、今回の検証で行うPowerBIとSCCMの連携では、SCCMでの運用負荷の削減効果を期待しています。特に管理デバイスの台数が多い場合なかなか大変ですよね。

 

 

 

今回の構成では、PowerBIソリューションテンプレートを使用して、サクッと分析画面を作成していきます。

 

PowerBIソリューションテンプレート

https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/solution-templates/sccm/

 

 

構成に必要なシステム要件は以下の通りです。

  • System Center 2012 Configuration Manager R2 SP1 or later. Read access to System Center Configuration Manager database is required.
  • Destination database: Azure SQL database or SQL Server database (SQL Server 2008 R2 SP3 or later).
  • For the machine where the installation is run, Microsoft .NET Framework 4.5 or later & PowerShell version 5.0 or later.
  • Power BI Desktop (latest version)
  • Power BI Pro (to share the template with your organization

※PowerShellのバージョンはGet-Hostでバージョンの確認ができます。

ちなみに今回はPowerBI Desktopをサーバーのローカルにインストールして、直接SQLサーバーから情報を取得しています。

 

■PowerBIソリューションテンプレートの連携自体はこちらのURLから簡単に行えます。

https://bpsolutiontemplates.com/?name=Microsoft-SCCMTemplate

 

 

まずは、画面中央のサインアップを選択し、サインアップを行います。

 

 

ビジネスソリューションテンプレートのアクセスを許可します。

 

 

ダウンロードボタンが表示されるので、ソリューションテンプレートのダウンロードを行います。

 

 

 

その後、設定を実施したいコンピューター上でダウンロードしたファイルを実行し、インストールします。

今回はAzure DBではなく、ローカルのSQL Serverに接続するので、SCCM の DB と疎通がとれる環境である事が必須です。

 

インストールしたテンプレートを実行します。

 

ウィザードが起動するので、NEXTを選択します。

 

 

SCCM のデーターベースに接続する為の認証情報をここで入力します。”validation ”をクリックし、正しく認証が行われるか確認をしてください。

成功した場合は次へ進みます。成功しなかった場合はDBと接続可能な環境か、認証のためのユーザー名の指定の記述が間違っていないかなどを確認してください。

 

次に情報のソースとなるサーバーと、DBを選択します。”validation ”をクリックし、正しく接続が行われるか確認をしてください。

 

次にターゲットとなるサーバーを指定します。取得したデータをホストするSQL DBを作成し、選択します。

 

 

トリガーの時間を調整したい場合には、ここで値を指定します。ここでも、”validation ”をクリックしてから次へ進みます。

 

RUNを選択します。その後の処理には少し時間がかかりますので、待機します。

 

 

Download Reportを選択して、レポートをダウンロードします。

 

 

私の環境では、この後 Power BI Desktop をインストールしましたが、ここでは Power BI インストールについては省略します。

 

 

先ほどダウンロードしたソリューションテンプレートをPower BIで起動させます。上図のような画面が立ち上がるので、メニューの中のクエリの編集-クエリの編集を選択します。

 

 

左側のメニューからサイトを選択し、資格情報の編集を選択します。

 

 

Power BIのウィザード内で指定したSQL DBに接続する為の資格情報をここで入力します。編集が正常に行われると先ほどの警告が消えます。

 

 

ホームタブを開き、最新の情報に更新を選択します。

 

クエリの取得が開始されるので、しばらく待機します。これで設定は完了です。

サンプルとして、私が検証を行った環境では以下のようなデータが取得できました。

 

 

■ダッシュボード(Endpoint保護は今回構成していないので空です。)

 

 

 

■WindowsUpdateの要約

 

 

■検証端末のソフトウェアインベントリ(検証環境はAWSを使用したので、AWS関連のソフトウェアが多いですね)

 

 

このような形で、ソリューションテンプレートを使用すれば、比較的簡単に Power BI で管理端末の状況の可視化ができます。

デバイス管理の製品については、”運用のしやすさ”という点も製品を選ぶ上で大きな要素の1つだと思います。Power BI との組み合わせによって、管理デバイスの可視性についても SCCM 単体の場合と比較すると非常に高くなります。

ソリューションテンプレートを組み合わせる事によって、連携の為の設定もスピーディーに実現可能です。(ちなみにソリューションテンプレートは英語版しかまだありませんでした。)

SCCM自体の機能については、また別の記事でご紹介をしますが、Windows10機能アップデートの管理(グループ毎に分けてアップデート計画が可能)、それと帯域制御、ピアキャッシュ、ブランチキャッシュ等のネットワーク負荷軽減機能が大きなアピールポイントじゃないかなと思います。IISでのセッション数制御を組み合わせてもいいですね。
他にも、幾つかSCCMの管理状況を可視化する方法(OMSなど)はありますが、それはまた別の記事で記載させていただければと思います。

 

 

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018-07-07

    […] Power BIを使用したSystemCenterConfigurationManager可視化 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください