Microsoft 365 (Inspire#1)

Inspireにて、Secure Productive Enterpriseの後継となるMicrosoft365が発表されました。

 

個人的には、1年前に発表されたSecure Productive Enterpriseについては、少なくとも国内ではあまり認知度が高くなかったように思えます。

Secure Productive Enterpriseは、Windows10 Enterprise,Office365,EMSをセットにしたサブスクリプション型の製品で

E3とE5の2種類があり、それぞれ以下の機能を使用できました。

 

【Secure Productive Enterprise E5】

Office 365 Enterprise E5

Enterprise Mobility + Security E5

Windows 10 Enterprise E5

課金単位 ユーザー

目安金額:約54ドル

 

【Secure Productive Enterprise E3】

Office 365 Enterprise E3

Enterprise Mobility + Security E3

Windows 10 Enterprise E3

課金単位:ユーザー

目安金額:月額約36ドル

 

それぞれの機能について、詳しくはリンク先を参照してください。

Link:https://www.microsoft.com/ja-jp/secure-productive-enterprise/default.aspx

 

 

 

■Microsoft365について

 

Microsoft 365 Enterpriseには、Office 365 Enterprise、Windows 10 Enterprise、およびEnterprise Mobility + Securityが含まれ、Microsoft 365 E3とMicrosoft 365 E5の2つのプランが用意されています。両社の計画は完全な生産性とセキュリティ機能を備えており、Microsoft 365 E5はセキュリティ、コンプライアンス、分析、コラボレーションの最新かつ最先端の革新的な技術を提供します。 Microsoft 365 Businessは、Office 365 Business Premium、OfficeアプリケーションとWindows 10デバイスのセキュリティと管理機能、Windows 10へのアップグレード権限、および集中型コンソールを含み、中小企業向けに設計されています。 8月2日から一般公開されます。

 

この説明を読む限り、基本的にはSecure Productive Enterpriseと内容はあまり変わっていなそうですね。

提供予定価格としては、Microsoft 365 Businessを月額20ドル程度で提供予定との事です。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください